Legalus Staff(リーガラス スタッフ)に生まれ変わりました!

※掲載の求人情報や運営会社、担当者はこれまでと変わりません。

パラリーガルとは、弁護士の法律専門的アシスタント

パラリーガルとは、弁護士の法律専門的アシスタントのことをいいます。

例えば、医者と看護士の関係に弁護士とパラリーガルを置き換えてみるとわかりやすい。専門的知識をもって医師をサポートしている看護士にあたるのがパラリーガルです。

  1. 専門性という点で秘書、事務職員と異なる
  2. アメリカでは法律事務所だけでなく、企業の法務部や官公庁で働いているパラリーガルもいるが(全体の25%)、日本でも、ようやく企業の法務部で働くパラリーガルが出始めた
    パラリーガルの定義が変化(例.サポートを専門とする法律実務家)

パラリーガルが登場してきた背景

  1. 1960年のアメリカで登場
    1. 多くの社会的、技術的、経済的変化-法的サービスの需要の高まり―もはや弁護士と秘書のコンビだけでは仕事をこなせない ―パラリーガルの必要性
    2. 貧しい人達やお年寄りへのリーガルサービスの提供―手続的定型的な仕事は料金の安いパラリーガルへ ← 弁護士費用の高さ(1時間あたり350~400ドル)
  2. 1968年 ABA(アメリカ法律協会)が認知
    パラリーガル教育の基準の開発
    パラリーガル養成機関の出現と拡大現在教育機関は800校)

パラリーガルの分類

  1. アメリカの場合
    1. エンプロイド・パラリーガル(Employed Paralegal)
    2. フリーランス・パラリーガル(Freelance Paralegal)
    3. インデペンダント・パラリーガル(Independent Paralegal)
  2. 日本の場合
    • ゼネラリストとしてのパラリーガル ― 小規模事務所
    • スペシャリストとしてのパラリーガル ― 大規模事務所

パラリーガルが必要とされる理由

  1. 小規模事務所における業務の効率化、業務の改善の要請―教育するスタッフとシステムの不存在
    パラリーガル養成機関の必要性(ゼネラリストとしてのパラリーガル)
  2. 社会の複雑化、高度化に応じて法律事務所への要求も高度化、専門化
    専門化した弁護士とそれをサポートするパラリーガルの必要性(スペシャリストとしてのパラリーガル)
  3. 弁護士の制度改革
    • 法曹人口の飛躍的増大―法科大学院
    • 広告の解禁―広告の二面性
    • 法人化―支店の設置OK
    • 報酬規定の廃止―自由に決定

市場原理をもちこみ競争させる

「リーズナブルな料金と質の良いリーガルサービス」を提供する競争

(1)スタッフの質の向上
(2)法律事務所の組織化

パラリーガルの必要性

ページ
トップへ
Myページ(お気に入り、閲覧履歴)